(C)Two−Way/小学校/図書館教育/全学年/選書


学校図書館教育提案文書例

北九州教育サークル太田 聡美

初めて図書館担当者になったとき、提案文書を作るのは大変です。図書館運営のシステムそのものを作ることになるからです。そこでついつい前任者のものをコピーなんてことになりがちです。どうせなら、この雛型を使って自分なりに「司書教諭」なみの提案文書を作ってみませんか?もし、「自分はここのところはこう変えた。」なんていうのがありましたら、お知らせいただければ幸いです。


 

平成○年度○○小学校学校図書館年間指導計画

担当             

     

1.学校図書館とは

学校図書館法で、次のように定められている。


「学校図書館」とは、学校において、図書、視聴覚教育の資料その他学校教育に必要な資料(以下「図書館資料」という)を収集し、整理し,保存し、これを児童または生徒及び教員の利用に供することによって、学校の教育課程の展開に寄与すると共に、児童または生徒の健全な教養を育成することを目的として設けられる学校の設備をいう。(学校図書館法第2条)


2.  学校図書館の運営方針

  実際の運営について、学校図書館法第4条では次の5つの方法を挙げている。

@       図書館資料を収集し、児童または生徒及び教員の利用に供すること。

A       図書館資料の分類排列を適切にし、及びその目録を整備すること。

B       読書会、研究会、鑑賞会、映写会、資料展示会などを行うこと。

C       図書館資料の利用その他学校図書館の利用に関し、児童または生徒に対し指導を行うこと。

D       他の学校の学校図書館、図書館、博物館、公民館などと緊密に連絡し、及び協力すること。

この法律に基づいて、今年度、本校では、これらの仕事を、次のような形で行う予定である。

@.学校図書館教育法に定められた基準に照らして適切な選書を行う。蔵書配分については図書部を中心に、指導要領に定められた基準をめやすとする。

A学校図書館担当者が、本校教育課程を参照しながら全職員・図書委員会児童の協力を得て行う。

B. 図書館教育の年間指導計画にそって、学校図書館担当者と児童図書委員会が企画し行う予定。ただし、委員会活動のための時間が少ないので、図書委員会のできる範囲で行う。なお、地域ボランティアなどの活動に関しては、各学年の図書館担当者で協議し、全職員がその主旨を共通理解した上で、効率的な指導が行われるようにする。

C各学級担任が行う。必要な資料(図書室利用案内)は、学校図書館担当者から出す。また、司書教諭を中心に利用指導・読書指導の職員研修を行い、図書館教育年間指導計画にそって、各学年で適切な指導が行われるようにする。

D.市立図書館・歴史博物館・自然史博物館・児童文化科学館などとの連携をはかり、蔵書数や予算の効率的な運用に努める。

3.年間計画

重点目標    情報活用能力の育成や、読書意欲の向上をめざした学校図書館教育の推進

学校図書館の機能を充実させ、教育活動全体において計画的に利用するとともに、児童・生徒の主体的・意欲的な学習活動や読書活動を充実させることにより、情報を収集・選択・活用する能力の育成や、望ましい読書習慣の形成を図る。(本市「指導の重点」より)

実施計画

○児童に対する実施計画

(1)図書及び関連する資料の充実を図り、学習・情報センター及び読書センターとしての機能を充実させるとともに、児童生徒が積極的に利用したくなるような学校図書館環境を整備する。

(2)各教科等の学習指導において、学校図書館を計画的に利用しその機能の活用を図るとともに、児童生徒が主体的に調べたり、考えたり、表現したりする学習活動や、全校一斉の読書など児童生徒の日常の読書につながるような継続的な読書活動を工夫する。

○組織・職員の研修その他

(3)すべての教職員が学校図書館の役割や意義についての理解を深め、円滑な図書館運営を行うための校内協力体制をつくる。また、児童生徒の図書館運営への積極的な参画を進める

具体的方策

(1)   については、本市規定教育課程を参照しながら、カリキュラムの実施に寄与する参考図書を中心に整備する。

平成_年度末の調査・集計によれば、本校の蔵書数は、学校図書館図書標準(平成5年3月制定)に基づく標準冊数を_%しか達成していない。特に、分類ごとに極端に蔵書数の差があるので、計画的に整備していきたい。

(2)  については、各学年の年間指導計画に、各月ごとの指導項目を位置づけ学校図書館指導年間指導カリキュラム(別紙 資料参照)を作成し、それに基づいて計画的指導を行う。

 また、朝の10分間読書を段階的に取り入れ、2学期には職員朝礼のない日の8時35分から10分間を「読書タイム」として位置づける。

 1年生については、5月末の識字率を考慮して適切な図書資料を図書館担当で検討し、購入計画に反映させる。(公共図書館との連携も視野に入れる)

 各学級担任は、児童の読書力、読書傾向に関心を持ち、家庭訪問や学級・学年通信を通じて「読書タイム」への協力を保護者に呼びかける。

 また、特に配慮を要する児童については、児童が読めそうな本について各学年担当者を通じて担当者に知らせる。

 図書館担当者は児童図書委員会の協力の下に、学級文庫として、毎月各学級に_冊を貸し出す。

 各担任は、図書の管理を責任もって行い次の委員会活動の日に40冊そろえて、各教室の給食台の上に置き、図書委員会を通じて返却する。この40冊については、ブックカードも1ヶ月間担任が管理する。

(3)については、各学年でのカリキュラムや、読書タイムの実行に寄与する資料の選定や、整理、広報活動への協力体制をつくる。

4. 設備・備品に関する充実設備

@ 図書の適切な配架のため、書架・家具の購入を計画的に行う。

A   図書委員会の活動を活発にする。

B   図書資料の整理、検索にパソコンを活用する。(昨年入力済みのものに追加)

C   視聴覚・情報教育との連携を図る。

D 掲示物については、図書館資料そのものの展示を中心に行い、書架上の検索を妨げないように配慮する。

5.  その他

・図書館利用指導ノートを活用して、図書館を使った学び方の指導を適切に行う。

・図書館の利用は、必ず教師の指導のもとに行い、公共図書館利用のルールとマナーを身につけさせる。

・特に、日本十進分類(N.D.C.)による、配架の規則は、徹底して指導する。(3段ラベルの読み方と本のある場所の見つけ方)

・午後の施錠とストーブの点火消火は教職員が責任を持って行う。

6.図書館利用の決まり

.図書館は朝8時30分から16時30分まで常時開館。

・入館時には、手洗いをすませておく。

・図書館の利用には、必ず教師の責任のもとに行い、教師か図書委員が立ち会う。

・調べ学習について、大量に同じ分類の資料をもちだすときは、図書室の黒板に、期間とクラス名、本の種類・冊数を記載しておく。

・代本板は、用いないが、実態に応じて必要な学年は利用しても良い。(使用するときは、担当者にあらかじめ知らせておく)

・貸出期間は1週間とする。未返却の場合は、担当者から督促を受ける。

・個人カードは常時図書室のカードケースにて保管し、貸し出しの時は、ブックカード個人カードの2枚に記入して、図書委員または教師の照合を受ける。返却の期日印を2枚に押してもらい(バーコードチェックを行う)、ゴムで束ねて2枚組にしてカードケースに入れる。・学期末には、各担任がカードケースを点検して、未回収の図書がないよう努める。

・返却の時は、必ず、返却印を2枚ともに押してもらい、(バーコードチェックを行う)ブックカードは、確実に本の後ろのブックポケットに入れて本をもとの場所にもどす。

・本の破損、あるいは紛失が生じた場合は、ブックカードを担当者に渡して、その旨を伝える。担当者は、速やかに、修理・廃棄などの必要な手続きを行う。

・原則として、貴重書扱いの図鑑・百科事典は、校内利用のみで、貸し出しはしない。特に家庭への貸し出しは破損の危険が高いため厳禁とする。

・休業中の貸し出しについては、その都度担当者から提案する。

TOPページにもどる
 TOSS-LAND メール(ご意見・ご感想)

                         このサイト及びすべての登録コンテンツは著作権フリーではありません。